スポンサーリンク

スポンサーリンク

テーマパーク

東京ドイツ村

投稿日:

日本においてドイツ村と言うテーマパークは現在5カ所あり、千葉県、徳島県、大分県、岡山県、沖縄県などにそれぞれ配置されておりが、それぞれが経営母体が全く異なりその中でも千葉県袖ケ浦市にある東京ドイツ村は全国的にも有名である。東京ドイツ村は四季折々のきれいな花畑が見られたり小動物とのふれあいや遊具&アトラクション、イルミネーション、グルメ&土産など1 2時中遊べるテーマパークである。その敷地は1周3キロメートル東京ドーム19個分もの敷地に広がっており通年で楽しめるような工夫がなされていることが特徴である。駐車場は約3,000台ほど止められ、入園料やアトラクションなどの乗り物も含めると2,000円ほどで楽しめます。またご5,000円ほど持ってくれば施設内のほとんどのレジャー施設が利用できるのではないでしょうか。とてもリーズナブルでクオリティーの高い東京ドイツ村です。近年では冬のイルミネーションが全国のイルミネーションガイドにランクインされており家族やカップルなどにとてもオススメなのでぜひ利用してみてはいかがですか。(ただし男友だちだけで行くのは浮きまくりなのでやめておきましょう笑)


スポンサーリンク

東京ドイツ村 ホームページ

東京ドイツ村のホームページはスマートフォンからではなくパソコンやタブレットなどを利用しましょう。なぜなら東京ドイツ村のホームページがスマートフォンに対応していませんのでとても見づらいです(苦笑)ホームページのホーム画面には今見頃の花畑の動画がドロンで撮影されており見ごたえがあるのでぜひ見てください。またよくテーマパークなどにありがちなホームページから割引券を印刷すると言うサービスが東京ドイツ村にはありません。入園料そもそもが安いので安心して楽しみましょう。


スポンサーリンク


東京ドイツ村 芝桜

東京ドイツ村の花畑の1つに芝桜がありますが例年4月上旬から下旬にかけてまるで大地を覆い尽くすような芝桜のジュータンが見られますので行く際はカメラやスマホなどを撮影できるものを持っていくと良いでしょう。その他にも春にはローズガーデン、ポピー。夏にはアジサイ、キンギョソウ。秋にはKOKIAといった色とりどりの花畑が見られます。ただ冬に咲く花が少ないので冬に行く際は昼間行かずに夜のイルミネーションを楽しまれてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク

東京ドイツ村 アクセス

東京ドイツ村は都心からのアクセスも非常によく東京アクアラインを抜けて袖ケ浦インターチェンジから3キロほどで着いてしまいます。また自家用車で行かなくとも高速バスを使いJR袖ヶ浦駅からバスで約30分。また神奈川県の久里浜港から東京湾フェリーで行くこともでき日帰りで行けてしまう観光地です。車で行く際なんですが東京ドイツ村の駐車場の料金は2,500円とホームページ上には書いてありますが、これは入園料を含む料金ですので車1台の乗車人数は関係なくこの値段で入園できることができますのでワンボックスカーなど比較的大きな車で行き大人数で行く事をお勧めします。


スポンサーリンク


 

ただいま広告募集中です!

このサイトでは、バナー広告を募集しています。
規格
サイズ 縦300×横300ピクセル
データ形式 GIF形式もしくはJPG形式
データ容量 30KB以下
広告料(1枠)
月間アクセス数 約3万件(※)
(1)ページ
1カ月:20,000円
(継続割引有り : 継続3カ月目から18,000円、継続6カ月目から15,000円)
広告料は、一括前納となります。
リンク先が公序良俗に反する場合、掲載をお断りする場合もありますので、ご了承ください。
(※アクセス数は保証できるものではございません)

-テーマパーク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

関連記事はありませんでした

PREV
高松市
NEXT
江東区